慌てずに対応しよう

男の人

止水栓を確認

家庭にある配管は、流し台や浴室、台所などさまざまな場所に設置してあります。これらのどこの場所も排水つまりが生じると生活の流れが止まってしまいます。日頃から意識して水周りを使っていても突然の事態に慌ててしまうものです。冷静に排水つまりに対処できるようにしておきましょう。例えば、トイレの排水つまりは慌ててレバーを引いてしまうとタンクの水が配管に流れてしまい、水漏れの被害がひどくなってしまいます。まずはタンクの横にある止水栓を止める所から始めましょう。排水つまりが起きていてもいつもの習慣で水を流そうとしてしまう場合が多く、専門業者へ連絡すると事前に行ってほしい対応が止水栓の確認です。次に専門業者から排水つまりの原因が分かっているかどうか問われます。誤って異物を落としてしまった、トイレットペーパー以外の物を流してしまったなど、原因の追究が大切です。排水つまりの専門業者は、つまった異物の種類によって対処方法を変えます。紙や布など力を加える事で変形する異物には専門の工具で押し込むことで解消します。固い形状の異物の場合には、工具の先端にあるフックに引っかけて引き抜く方法をとります。台所や洗面台などで排水つまりが起きる時には、食材の残りや髪の毛の塊など、日頃の異物が積み重なって配管に絡みつき、排水を妨害するケースが多くあります。このような状態になる前に定期的に配管周りに付いた異物を溶かす薬剤を流し込んで掃除しましょう。配管のメンテナンスを業者へ依頼すると、良い状態を維持できます。

Copyright© 2018 蛇口交換依頼の為の基本知識【水道蛇口の種類を把握しておこう】 All Rights Reserved.